宜野湾パーソナルトレーニングジム ベル&ゴールド

ニュース

目的に合わせたプログラム

ダイエット。健康維持・促進。姿勢・腰痛改善。

代謝アップ。筋力アップ。パフォーマンスアップ。美容…。

エクササイズ(トレーニング)をする目的は人それぞれです。

また、目的に応じて、トレーニング内容や種目が変わってきます。

 

アメリカ、Dr.Brad の 『筋肉の発達を最大限にするためには、種目にバリエーションを持たせることが重要』という研究記事の見出しです。

フィットネス先進国アメリカでは、レジスタンストレーニング(筋トレ)

研究成果が豊富に発表されており、科学的な解剖学で

より良い効果をトレーニーに提供しています。

エビデンスが全てではありませんが、プログラム作成に於いての指標にもなります。

 

❝BIG3❞については以前の記事で少し触れましたが絶対に必要だ!とは言いません。

ですが私は❝BIG3❞を柱にプログラムを組み立て、アレンジします。

フォームチェックの中で、クライアント様の種目の得手不得手や

(左右の)体幹・出力の差がわかり、

発展に向けてのスピードが変わってくる、と考えます。

勿論、クライアント様の目標ありきです。

 

動画①、 Wide Squat

クライアントはプロボクサー。

パンチ力強化のトレーニングを追求。下半身、特に臀筋群を強化する方向性です。

この場合、膝をほぼ固定し、股関節を屈曲させると動画のフォームになります。

 

動画②、Lunge Squat・bench

40代前半のクライアントは全身の筋力アップを目的としています。

1クール目は自重のスクワット。

2クール目ではバーベルバックスクワットに取組みましたが

3クール目はランジ(片脚を後ろに引く)に挑戦。

片脚ずつ丁寧に行うのでかなり効率よく負荷を感じられます(キツイ💦ですが)。

 

お客様のトレーニングにおける目的や、その発展の度合いを

サポートするためにも基本やプログラム作成はまさしく

トレーナーの真骨頂となります。

※許可を頂いたお客様の動画のみ掲載