宜野湾パーソナルトレーニングジム ベル&ゴールド

ニュース

筋トレの本質

筋肉はあくまでも骨格を支えるものであり、骨格(関節)は単体では動きません。                         そして神経を介して筋肉に収縮指令が出され、カラダは動きます。

・骨格の傾きに対して力を消費し発揮する
・骨格への衝撃に対して緊張する
筋肉そのものに刺激しようとする「伝える」行為は本当に効率的でしょうか?

トレーニング中 筋肉に直接触れられながら「意識」するより、骨格に刺激してもらった方が結果的にその骨格筋は「伝わり」ます。

EMSで腹筋が付かないのはそのためです。
腹筋運動ではないアブローラーで腹筋が付くのはそのためです。

筋トレ界隈によくある現象ですが理論と事実が矛盾している時、                    どちらと向き合うのか?
シンプルに考えれば迷わうことはありません(^_-)-☆